医療用脱毛 エステ 違い

医療用脱毛とエステサロンでの脱毛の違い

脱毛には、医療機関で行うものと、エステサロンで行うものの2種類があります。

 

基本的に永久脱毛というのは医療機関で行うもののことを言い、エステサロンで行う脱毛は「永久」と謡ってはいけないことになっています。

 

この2種類、他にはどういった違いがあるのかまとめてみました。

 

医療脱毛について

 

まず医療機関(病院、美容外科)の脱毛は、医療用のレーザーを使用します。

 

これはエステサロンでは使用することのできないものであり、高出力で当てていくので確実に毛根にまで光が届き、施術を受ける回数が少なくて済みます。医療機関で行う脱毛は、医師、もしくは看護士が行うので施術にむらがなく、アフターケアなど安心して受けることができるでしょう。

 

ただし、効果は高い一方で料金設定が高く、ざっと調べたところエステサロンの4倍以上はしてしまいます。さらに、高出力で当てていくため、人によっては痛みを伴います。また肌の色が黒い人は、色素に強く反応してしまうのでやけどなどの症状を起こすこともあります。ほくろなどにも反応してしまうので、脱毛したい箇所にほくろがある場合はそれを処理してから施術しないといけないケースもあります。それほど強力で高出力なので医師のみが施術できるのです。

 

エステサロンの脱毛について

 

エステサロンの脱毛は、医療用ほどの高出力で当てることができないので、長期のスパンでしばらく通い続ける必要があります。しかし、値段が安いのでそれほど負担にならずに通うことができるのが特徴です。特に全身脱毛を受けたい方などにはオススメです。また気になる痛みについては、出力が低いためそれほど痛みも感じません。「永久に脱毛できる」と謡ってはいけないことになってはいますが、毛はほぼなくなります。

 

このように、2つの脱毛はそれぞれメリットデメリットがあります。

 

毛には毛周期というものがあり、表面に生えている毛はほんの一部で、まだ皮膚の下には毛根が存在し、全ての毛穴から順番に毛が生えてきます。ですので、医療機関の永久脱毛といっても、レーザーの当てもれがあれば毛は生えてきますし、それはエステサロンでも言えることです。回数を少なく、確実に脱毛したい。または医師や看護士の施術で、安心して受けたい方は医療機関の脱毛をおすすめします。逆に少し面倒でも、なるべく安く低予算で脱毛するならエステサロンです。

 

エステサロンはとても増えてきたので、価格競争が激しくどんどん低価格になってきています。それと共にスタッフの教育にも力を入れてきていますので、医療機関じゃないからレーザーの当て方が下手、ということもありません。

 

一度サロンで脱毛を受けてみて、違う部位を受けたいと思ったり、一度施術を受けたところにまた生えてきたら次の安いサロンに通うというように、低価格のサロンをはしごするのが絶対に得です。

 

医療と脱毛エステサロンと自分にあうのはどちらかよく考え、納得できるほうに通いましょう。