Iライン脱毛の痛み

Iライン脱毛の痛みとデリケートゾーンの美白と保湿

脱毛を多くの人が受けるようになってから、VIOやハイジニーナなどと呼ばれるデリケートゾーンの脱毛をする方も増えてきました。

 

ちょっと前までは、Vラインまでだったのが、今ではIラインもOラインもやります。デリケートゾーンの毛はあまりないほうが、衛生的にもいいですし、特に女性は生理のときなどに蒸れにくくなるのでとても生活しやすくなることからも人気となっています。

 

そんなデリケートゾーンの脱毛ですが、ネットの口コミでは痛みについてのコメントをよく見ます。かなり痛かったと言う人もいれば、全然何も感じなかったという人もいます。では、実際のところはどうなのでしょうか。

 

なぜデリケートゾーンの脱毛は痛いのか?

 

デリケートゾーンは皮膚が薄く、とても敏感な場所です。さらに毎日の生活でこすれたりするので色素沈着や黒ずみが現れやすい部分でもあるのです。しかし、この黒ずみも個人差があり、ニキビ跡や蚊に刺された跡が残りやすい人はデリケートゾーンの黒ずみも目立つ人が多いですが、色白でも肌が強い人などはまったく黒ずんでいない人もいます。そして毛の濃さも人それぞれで、濃い人もいれば最初からかなり薄い人もいます。

 

脱毛サロンで使用する機械は、主に黒い色素に反応するので、濃い人ほど反応が早く、毛がなくなるまでにあまり回数がかかりません。しかし、反応が強いために痛みを伴うことがあります。色白で毛が薄い人は、あまり痛みを感じないようですが、その分機械が反応せず何回も通わないとなかなかなくならないようです。

 

また、黒ずみがひどいと皮膚のほうに反応してしまい、徐々に毛が薄くなってきていても、まだ痛みを感じてしまう人もいます。ではどうしたら痛みを軽減させることができるでしょう。

 

痛みの種類も人ぞれぞれですが、輪ゴムではじかれたような感じか、もしくは針で刺されたように感じる人もいます。脱毛サロンでは痛みの強い人のために、「お冷やし」を用意してくれているところが多くあります。施術前に患部を冷やし、その後すぐレーザーを当てると痛みはかなり軽減されます。ですので、施術中あまりに痛いようでしたら、必ずスタッフに言いましょう。我慢しているとその部分がやけどのようになってしまうこともあります。日々の生活では、毎日美白クリームを塗りましょう。こんなところに?と思うかもしれませんが、使い続けることによってだんだん皮膚が白くなってきます。また、施術後は、肌が乾燥しますのでそのためにも保湿は必要です。

 

痛みはあっても、対処法はありますのであまり怖がらずに受けてみてください。そして美白を徹底することで綺麗な肌も取り戻しましょう。