自己処理

自己処理では色素沈着・毛周期の乱れ・傷・炎症と悩みがつきもの

女性にとってムダ毛は大敵です。

 

毛が生えていると清潔そうには見えませんし、男性の目も気になります。

 

スカートを履いたときに見えないようにすね毛を剃る、夏になれば半そでになるし、海でビキニを着たりもするので、腕・ワキを剃る。顔の産毛だって男性ほどではないにしても気になってしまいます。毎日のように毛を自己処理していると、皮膚に大きな影響がでてきます。

 

自己処理の方法としては主に、剃るか抜くかのどちらかだと思います。シェーバーで剃るのが一番肌には安全と言われていますが、それでは1ミリほど毛が残ってしまうので、さわり心地がザラザラでとても不快です。

 

おそらく多くの女性がカミソリで剃っていることでしょう。カミソリで剃れば、何日かはつるつるの肌でいることができます。しかし、皮膚の表面の角質まで取れてしまうので、乾燥肌を引き起こしたり、かゆみなどの炎症を伴うことが多いのです。そういった症状があっても、処理は週2・3回続けなければいけないので、どんどん悪化していき、剃っている部分が色素沈着して黒ずんだりする原因になってしまいます。

 

かみそりだと、頻繁に剃らないとすぐにまた生えてきてしまいます。それがめんどくさくなると、今度は毛を抜くタイプの脱毛機を使う人がいます。

 

これは毛が抜けるとき結構痛いです。しかし毛根から抜いているので、皮膚の表面にまた毛が見えてくるまでに時間がかり、しばらく毛が生えなくなります。また肌の表面もつるつるになるので、とても快適に過ごすことができます。

 

しかしこれを続けると、毛周期が乱れ、一つの毛穴から2,3本の毛が生えるようになったり、毛穴自体が広がり、皮膚の表面がぶつぶつしてきてしまいます。ひどい人はそこが炎症を起こしかゆみを伴うので掻いてしまい、広範囲にわたって掻き傷が残ってしまうことがあります。

 

このように、自己処理は肌にとても悪い影響を及ぼす恐れがあります。

 

私の経験上、長年自己処理を繰り返した肌を綺麗に元に戻すにはとても時間がかかります。ですから、もうすでに肌に影響が出てしまっている人はもちろん、まだ影響はないけれども自己処理をしている人にはぜひ脱毛サロンに通うことをおすすめします。

 

今はそれほど値段も高くないですし、通うのも3ヶ月に1回くらいなので時間もとりやすいのではないでしょうか。なにより今まで自己処理に掛かっていた時間が少なくなるととてもラクです。

 

プロの手で早めに処理し、綺麗な肌を保っていきましょう。